女性

悩みを抱える方の頼れる味方|メンタルクリニックでストレス知らず

現代ならではの心の問題

笑顔の女性

精神科や心療内科にかかる

現代はストレス社会と言われて久しいですが、最近は特にネットでのつながり、近所づきあいや家族間の問題と一昔前では問題にさえならないと考えられていたコミュニティでも、軋轢が生じやすい時代と言えます。このように近年は社会問題も多様化して心の悩みの内容や原因も様々です。それに連れて精神科や神経科、心療内科などのメンタルクリニックは非常に患者が集まっていて新規の予約はなかなか取れない状況と言われています。心の悩みやストレスは、辛くても具体的な症状が出ていなければなかなか医療機関にかかるまではという考えの人は多いことです。メンタルクリニックにかかるかの判断の境目は、原因不明の体の不調があるかないかがあります。胃腸の不調、じんましんなども心の病が原因で起こる場合があります。内科や皮膚科など専門科を受診し、原因不明と言われたり処方された薬が効かなかったりした場合は心の病を疑った方が良いかもしれません。実際に精神科などを紹介されることもあります。

クリニックを受診する上で

メンタルクリニックにかかる上での注意点としては医師によって診断内容が違ったり、処方される薬の種類や量が全く違ったりする場合が多々あることです。こういうことは一般の医療現場とは違い、メンタルクリニックではよくあることとして挙げられます。また、精神科や心療内科、神経科など専門科によっても対応が全く違うということもよく報告されています。特に心の病気の症状や原因は人様々でありますが本人は自分の意志が弱いから、自分が悪いからなどと考えてしまいがちです。通っているメンタルクリニックの判断に納得いかなかったり、医師との相性が合わないと感じたりしたら他のクリニックにかかることを考えてみることをおすすめします。そして自分の意志をはっきり伝えることも重要な点です。心の病気が他の病気と大きく違う点は、他の病気が完治するのを目的とするのと比べて心の病は自分が楽になることと、少し曖昧な目的だということです。症状を抑えたいが強い薬を使いたくないなどの要望があるなら、具体的に伝えることが自分の納得できる治療になります。

Copyright© 2016 悩みを抱える方の頼れる味方|メンタルクリニックでストレス知らずAll Rights Reserved.